わたしのはなし

だらだら言葉

召喚獣も絶滅や!! - アニメ『ラブ★コン』

アニメの『ラブ★コン』にハマりました。

漫画は読んでます、って書いたのだけど、はじめてアニメの存在を知ってから観て、関西弁も心地よくてオリジナルにしている部分もおもしろくて、BGM代わりに流している。

東映アニメーションさんの公式のホームページ。

実は、ラブ★コンはドラマCDだったり、別マの付録のCD、PlayStationのソフトでも音声がついていて、そのキャストとアニメのキャストが違っている。ドラマCDも注文して、聞いてみている。アニメのDVDも欲しいのだけど、随分前のアニメだし、希少だから高くて迷ってるところ。特典のCDとか聴きたいし、DVDもみたいくらい好きだから、いつか買いたいな。(買った)

アニメ版リサ役の岡村明美さん。東京都出身。ほかの人たちは殆ど大阪府(関西圏)出身なのに、いちばん台詞が多いリサ役が関西弁使わない人って!ビックリするのにこんなに自然な話し方で凄いな、(関西出身ではないので本物の関西弁はわからないけど)と思っていたら17巻の『メイキングオブアニメ ラブ★コン』にも記載があった。関西出身キャストとの会議が執り行われていたとか。プロは本当にすごい。当たり前なのだけど。このアニメには愛があるな~って改めて思ったところ。ドラマCD版では、速水リサさんという声優さんが担当されているのだけど、速水さんは大阪府出身。個人的には、速水さんと岡村さんの声質は割に似ているかな~なんて思っている。岡村さんの方が若干低めな印象かな。速水さんのリサは可愛い感じ。

アニメ版大谷は永田彬さん。見た限り声優さんというより俳優さんをやられている方みたい。関西弁もすきだし、永田さんの声もすきだからまた声優やってくれたら嬉しい。ラブ★コンの続編でもいい…のよ………?って時間経ちすぎなのかな(熱望)

ドラマCD版は櫻井孝宏さん。どこで聞いたのか分からないけれど、私でも知っているくらい有名な方。こちらのおふたりは結構印象が違って、櫻井さんの方が低くて、永田さんは混じり気がなくて、幼い感じ。私はアニメ版の大谷のほうがイメージに近いかな。櫻井さんの大谷はアニメ版の遥に似てる。

のぶちゃん役の東さおりさんと、マイティ役の諏訪部順一さん、神崎真由役の松岡由貴さんはアニメCDとTVアニメ共通で担当されている。個人的には、みなさんイメージぴったり。だから継続だったのかな?アニメからの新キャストはオーディションで選んだのかな?すごく気になる。

 

毎日擦り切れるほどみすぎてアニメ『ラブ★コン』の研究家みたいになってしまっているから、お気に入りのシーンを記録しておきます。

アニメ版の印象は、何度も言うけれど、愛があるなあ。ってこと。ほかのアニメはわからないのだけど、私が今まで目を通したアニメって割と原作と向き合って作られている印象がある。

ラブコンは、主に高校2年生夏までのエピソードがかなりの部分を占める。原作で言うと7巻。ここまでで、18話。全24話。残り6話。

要は、リサと大谷が惹かれていくまでのあれやこれやがかなり忠実に描かれているのだ。全部やろうとして端折りすぎるとすかすかになって概要だけとなりがち。ということで、アニメのオリジナルは少ない印象なのだけど、アニメオリジナルでおもしろいと思ったのは、ふたりの初デートがゲームセンターではなく世界陸上になっていること。放映当時の2007年のことは記憶にないのだが、世相を取り入れつつ、まさかの公開告白(?)なシーンには「さすが!」って言いたくなった。

あとは、最終話のリサが大谷を自転車の後ろにのせるシーン。躍動感。そのシーンについては、ラブ★コンのイラストブックでも監督さんが触れていた。そのほかにもふたりの2人乗りシーンがあるのだが、毎回お巡りさんに2人乗りを怒られるという。ダメだよ!ってちゃんと言ってるのに、そこがポップになっているのはやっぱりラブ★コンの空気感ゆえかな~なんて思ってみていた。

 

基本的には原作通りのコマ割りで、セリフもちょこっと改編しているくらいだから、原作がすきな人も違和感なく観られるような気がする。まだ届いていないため分からないのだが、特典がどんな感じなのかなと思いながら。そりゃあ原作がいちばんではあるし、30分の24話じゃ足りないし、とは思うけれど、愛があれば作品にも表れるよなと改めて再認識した作品だった。

 

(追記)DVD-BOXが家に届き、特典まで全部視聴したので、その感想と記録を。横線から下はネタバレありなので注意して見てくださいね。

BOX1の特典ディスクは、アニメ放映前の特別番組『アニメ「ラブ★コン」放送直前特別番組キュン死にまであと1週間!ラブ★コン始まるでぇ!』

BOX2の特典ディスクは、『ラブ★コン DVD特典・CDドラマ 走れ!ハレンチ列車・小泉リサ!!大谷とドッキドキの初夜!?~マイティの花嫁を探せ! inハワイ~』

BOX3の特典ディスクは、

その1『~リサと大谷のキュン死にDAYS~』

その2『~TBSアニメフェスタ特別映像 ラブ★コン ヒットの秘密を探っちゃえ!聖子と遥の不思議発見!』

その3『~リサがフナ顔でもしょうがねぇぜ~』

の三本だて。

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

『アニメ「ラブ★コン」放送直前特別番組キュン死にまであと1週間!ラブ★コン始まるでぇ!』

アニメフェスタ?の様子やちょこっとイベントでのキャスト陣の様子、集英社の編集長さん、シリーズディレクターの宇田さん、作画監督の真庭さん、キャストのインタビュー、などなど関係者たちの裏話やスタジオの様子をまとめた20分。個人的にお!っと思ったのは背景についてのおはなし。ロケハンをして、堺の街並みを細かく表現されている(マンホールなど!)といったところは、また観るときに注目してみたりしている。

ラブ★コン DVD特典・CDドラマ 走れ!ハレンチ列車・小泉リサ!!大谷とドッキドキの初夜!?~マイティの花嫁を探せ! inハワイ~』

ドラマCDなので、画が無いのが少しさみしいけれど、本編ではカットされた15巻のマイティとジョディの結婚式の回がほぼノーカットで収録。1回目は漫画読みながら聴いた。ほとんど原作通りで、あとは少し説明的なセリフがあったり、言い回しが違ったりはするけれど、ほとんど同じ。

個人的に嬉しかったのは、「タケノコニョッキくん」「舞竹国海です」と、大谷の「おれは小泉のこと好きなんやけど小泉はどう?」(←早口)。早口でした。( 笑 )

後半の巻はかなりカットされた部分が多かったから少しさみしかったりするけれど、特典でつけてくれたのは有難い。色々考えても、やっぱり15巻がいちばんピックアップしやすいのだろうなと思うし、聴いていて楽しかった!『ラブ★コン ファイナル』とかも、本当はやってほしかったな~タイミングかな~?

 

その1『~リサと大谷のキュン死にDAYS~』

リサと大谷の恋模様(本編18話まで)を30分にまとめた映像。オーディオコメンタリーがあり、大谷役の永田彬さんとリサ役の岡村明美さん、シリーズディレクター宇田鋼之介さんの御三方が映像と(たまに)リンクしながら裏話を。永田くんのなんとも言えない大谷感と、リードする先輩いや姉御、岡村さん。全てを包み込む宇田さん。ここでしか聞けない、名場面の裏側や、キャストさんたちの空気感が知れたのがよかった!あと2時間くらいあってもよい。と思う(真剣)修学旅行のシーン、くまカレーのリサが振られる場面のお話がわたし的にはなるほど!と思った部分。

永田くん、またやりたいって言ってくれててすごくうれしかったなあ。

その2『~TBSアニメフェスタ特別映像 ラブ★コン ヒットの秘密を探っちゃえ!聖子と遥の不思議発見!』

アニメフェスタで流れた、聖子と遥のコメント入りのラブ★コン紹介映像。安定のふたりの掛け合いがおもしろい。

その3『~リサがフナ顔でもしょうがねぇぜ~』

漫画もそうだけど、アニメでもこんなに変顔してたっけ?っていうくらいのバリエーションでリサの変顔。『しょうがねぇぜ』は名曲。

リサと大谷バージョンでもよかったな〜と思う。(岡村さんと永田くん、サビも歌ったけれど流れなかったらしい)

いまだにラブ★コン熱冷めないので、本当に買ってよかった。最近は『会長はメイド様』のアニメもみてる。

Netflixで観られるけど、ほかの配信サービスもあるのかな、もっと広がってくれるとうれしいところ。

 

キッス~帰り道のラブソング~ (テゴマス)

キッス~帰り道のラブソング~ (テゴマス)

一期はテゴマスがOPとEDテーマ担当。昨年の9月の少クラで増田さんがKing&Princeの高橋くんとこの歌を歌っていたのだけど、ええ!ってびっくりした。増田さんの歌声は変わらないな。ちなみに個人的にはOPの「キミ+ボク=LOVE?」が好きなのです。



 

 

テレビ放送版のTBSのホームページも残っていた。BBSだったり、時代を感じるなあ。