わたしのはなし

コナンと本と食べることとおしゃべりがすき

¦わたしのお気に入り¦最近のこと¦02¦

🎬

f:id:maru_circle:20210329111511j:image

これは、コナンの緋色の不在証明を観ようと思ったのに色々あって観られなくて帰る途中に見つけた広告。

よい映画を観ることを比較的心掛けているおかげか、ふとした瞬間に観たくなってしまう漫画原作映画以外は琴線に触れる映画に出会う確率が大きい。

『花束みたいな恋をした』絶対に観ないと決め込んでいたのに、彼に誘われて観に行って、安易に泣いたし影響も受けた。冬によく聴いていた「クロノスタシス」が流れたり、好きなほむほむが出てきたりしてなんだかサブカルにもときめいてしまった。彼との将来のことも目を背けてはいられない年齢だし、なんだかんだお互いのことをよく知っているからこそ感じる部分もあったので、恋愛や結婚に対して曖昧に生きていたくない人には観てほしい作品。

鬼滅の刃 無限列車編』やっと観に行った。アニメも今年になって観たくらいの、流行に天邪鬼な私だけれど、煉獄さんにも伊之助にも泣かされたし、炭治郎も禰豆子ちゃんも善逸もかっこよくて普通に良作だなあと思った。いい映画はスクリーンで観るに越したことはない。︎︎︎✌︎ 少年漫画系のアニメは基本的に戦うのが苦手なので観ないけど、鬼滅の刃は絵が繊細で綺麗だし、とっつきやすいから良かった。今は呪術廻戦をみるか迷って1話だけは再生した。(その先に進む気がまだ起こらず)

 

📖

『しつこく わるい食べもの』千早茜

この方の表現がとっても好きなので、小説もぼちぼち読んでるんだけど、最近は小説を読むと感情の揺れに自分まで疲れてしまうからエッセイが多い。(エッセイですら最近は疲れてきた)食べもののエッセイが基本的にすきで、前作の『わるい食べもの』のちょっとした偏屈さというかそんな感じが面白かったので2冊目も。コロナで外食が出来なくなった時期に執筆されたもので、そんな時代を切り取った1冊でもある。こうやって、記録に残っていく、また読み返したときに笑って話せますように。

『とるにたらないものもの』江國香織

大学生になってからこの方の本を読むようになった。夜に似合う揺蕩うような文章を書く。掴みどころがなくて難しいので、エッセイの方が個人的にはすき。お風呂で寝るの衝撃的すぎて頭から離れない。

 

👩🏻‍🏫

朝日カルチャースクール #MeToo

『新聞記者』を読んで電車の中で痛みに耐えた日を鮮明に覚えている。2019年の9月3日だった。望月衣塑子さんと伊藤詩織さんの講演は、どうしても生で聞きたくて久しぶりに電車に乗った。周りは年配の方が多くて、もちろんそれはいいことなのだけど、もっと若い人も聞いて欲しいと思った。そして、途中からずっと泣きそうだった。強そうに見えてしまった御二方でも、人間だから、繊細な部分があるし、すごく傷ついている。傷ついていない人なんていないと思う、それでも私の想像もできないくらいに深い部分を抉られるような現実が当たり前に日本にあることを知った。なにひとつ解決なんてしていなかった。

 

🧸

おうち時間復活のようなこのご時世なので、充実して過ごすためにもっと色んなことを家でしたい。人にも会いたいけど、まずは自分を大事にしてあげよう。あ、でもコナンの映画は行きたい。それまでがんばる。